cinemavera

cinemavera

本日の上映作品

  • アメリカの夢 キャプラの夢 フランク・キャプラの映画

  • 2024/07/13 ~ 2024/08/09

イタリア移民の貧困家庭で育った。大学卒業後は職業を転々としたが、映画会社に入り1925年コメディで長編監督デビュー。1928年に当時マイナーだったコロンビア・ピクチャーズに招かれ、『奇蹟の処女』(1931)から盟友ロバート・リスキンとコンビを組む。『或る夜の出来事』はオスカーの作品・監督・主演男優・主演女優・脚本賞を受賞し、コロンビアは一躍メジャーの仲間入りした。大恐慌の傷跡が残る暗い世相の中、キャプラのアメリカン・ドリーム、ユーモア、ヒューマニズムが好まれアメリカを代表する監督となった。その後、ワーナー・ブラザースに移籍。
第二次大戦では軍隊に志願、映画班に所属して戦意高揚のプロパガンダ映画を製作。中佐として終戦を迎えた。ジョージ・スティーブンス、ウィリアム・ワイラーらと共に1945年に製作会社リバティ・ピクチャーズを創設、『素晴らしき哉、人生!』を発表するも興行的に惨敗。会社はパラマウントに吸収され、監督数は激減していく。1964年に引退。しかし70年代にPDとなった『素晴らしき哉、人生!』がテレビ放映されると再評価が始まり、クリスマスに家族で観る映画として有名。オバマ元大統領もその一人だという。

※全作品デジタル上映






新着情報

一覧を見る

アクセス


〒150-0044
東京都渋谷区円山町1‐5
KINOHAUS(キノハウス) 4F
03-3461-7703

メールマガジン

上映情報等をお届けいたします。
登録はこちらのURLからお願いいたします。
メールマガジンの登録はこちらから